薄毛に悩んでいるのは男性だけではない|女性にとっても深刻な悩み

男性

自毛で発毛させる治療とは

カウンセリング

毛髪の種類と特徴

自毛植毛は自分の頭髪を使って発毛させる治療です。自分の毛髪を移植する治療なので医療行為に当たります。ですから形成外科の資格を持っていて植毛技術がある医師によって行われます。植毛や移植というと大変な手術を行うイメージを持ってしまいがちです。また、病気や怪我の場合を除いて健康保険が適用されませんので費用が高額になることも不安です。クリニックで行われている植毛方法や治療費用について知ることで不安を解消していきましょう。植毛は、合成繊維で作られた人工毛と自分の後頭部の頭髪を使う自毛植毛に分けることが出来ます。人工毛植毛は、ヘアスタイルに合わせてカットされた人工毛を小さな穴を開けた頭皮に植えていきます。人工毛は合成繊維なので経年変化してしまうため定期的に新しい合成繊維を植え付けることになります。

自毛の場合

では、後頭部の頭髪を使用した自毛の場合について説明します。まず、頭髪についてですが1つの毛穴からは1〜3本の毛が出ています。1つの毛穴から出ている頭髪を頭皮ごと取り出して移植します。植毛を行っているクリニックでは1つの毛穴から出ている毛髪を1株、または1グラフトと呼び1株当たり千円から数千円の間で計算しています。移植する範囲が広い時や頭髪の密度によって金額も上がってきます。また、手術方法の違いによっても費用が上下してきます。一般的な手術はメスで頭皮を採取する方法ですが、後頭部には多少の傷跡が残ります。しかし、周囲の頭髪に隠れてしまえば目立たなくなります。メスを使用しない手術は、頭髪の根元をくりぬいて行うもので費用はかかりますが、傷跡は残りません。自毛植毛は、人工毛植毛より2倍以上の金額が必要です。しかし、自毛は頭髪の劣化によるメンテナンスが不要になので最終的には費用の差はありません。